ディノバルド亜種の攻略と立ち回り

アイキャッチ

ディノバルド亜種の攻略と立ち回りです。

ディノバルド亜種は通常のディノバルドと同じく、尻尾を刀のようにして戦う、剣士のようなモンスターになります。

基本的な動きは通常のディノバルドとそれほど変わりませんが、ディノバルド亜種の特徴としては尻尾を研いだ状態で戦うことがあることです。

また、自身の尻尾を口で咥えて、抜刀術のように斬りつけてくる攻撃は健在です。

わかりやすく言うと、通常のディノバルドは逆刃刀を持った緋村剣心で、ディノバルド亜種は人斬り抜刀斎と呼ばれていた頃の剣心になります。

逆にわかりにくかったかもしれませんが、ともあれディノバルド亜種がカッコいいモンスターということには変わりありません。↓
ディノバルド

ディノバルド亜種の弱点属性

弱点属性
 ◎   △   ○   △   △ 

ディノバルド亜種の状態異常・アイテム耐性

状態異常 アイテム耐性
 毒   △  閃光玉  ○ 
 麻痺   △  シビレ罠  ○ 
 睡眠   △  落とし穴  ○ 
 気絶   ○  ツタ  ○ 
 爆破   ○  こやし玉  ○ 
 滅気   △  罠肉  △ 
 乗り   △  音爆弾  × 

ディノバルド亜種は火属性の武器が弱点です。

火属性の次に雷属性に弱いですが、実は水属性も氷属性も龍属性もディノバルドには効くため、どの属性の武器を持って行っても問題なく攻略することができます。

強そうな見た目と違って以外と弱点だらけのディノバルド亜種。

きっと攻撃力にステータスを極振りしたために、属性防御力がおろそかになったのでしょう。

ディノバルド亜種の攻略手順

ディノバルド亜種は通常の状態と、尻尾の刃を研いだ状態があります。

こちらが通常の状態です。↓
ディノバルド亜種通常状態

そして、こちらが尻尾の刃を研いだ状態です。↓
ディノバルド亜種研ぎ状態

ディノバルド亜種の尻尾が刃になっているのがわかると思います。

ディノバルド亜種は研ぎ状態になると、刃となった尻尾を多用してくるようになります。

通常の状態での攻撃で注意した方がいいのは尻尾の叩きつけです。↓
尻尾叩きつけ

口で尻尾を咥えて、抜刀術のように構えたときは、薙ぎ払うように攻撃をしてくるので注意してください。↓
尻尾を咥える

尻尾の薙ぎ払いは攻撃範囲が広いので、ある程度距離を取るといいでしょう。↓
尻尾薙ぎ払い

抜刀術のような薙ぎ払い攻撃の後、ディノバルド亜種の尻尾が研ぎ状態になります。

研ぎ状態の尻尾で構えるようにしたら、次に攻撃が来るので注意してください。↓
研ぎ状態尻尾構え

このように尻尾で斬りつけてきます。↓
尻尾攻撃

また、刃になった尻尾で素早く刺してくる攻撃は、リーチは短いですが非常に素早い攻撃です。↓
尻尾の素早い攻撃

このように、ディノバルド亜種は状態が変わると攻撃方法も変化します。

ディノバルド亜種との立ち回り

ディノバルド亜種との立ち回りとしては、やはり近距離から足元を攻撃することでしょう。↓
ディノバルド亜種の足元を攻撃

ディノバルド亜種の前方で戦うと、尻尾攻撃を受けやすいため、外側に回りつつ懐に潜り込み、足元を攻撃するのが基本の立ち回りです。

通常のディノバルド同様、尻尾を切断すればリーチは短くなりますが、ディノバルド亜種の場合は研ぎ状態でなければ尻尾を切断することができません。

また、意外と尻尾までが遠くて攻撃を当てにくいため、倒れたときを狙って尻尾を攻撃するといいでしょう。

ディノバルド亜種攻略パターン

①通常のディノバルドと同じく尻尾の攻撃に注意する
②正面で戦わずに外側から回りつつ懐に潜り込んで足元を攻撃
③ディノバルド亜種が倒れたときには尻尾を攻撃して部位破壊を狙う

ディノバルド亜種の攻略は、いかに尻尾攻撃を受けずにこちらの攻撃を当てるかが非常に大事です。

逆に言うと、尻尾攻撃を受けなければ、ディノバルド亜種はそれほど苦労せずに攻略することができるでしょう。↓
ディノバルド亜種討伐

基本的な立ち回りや攻略法は通常のディノバルドとほとんど同じです。

気を付けることは、ディノバルド亜種の尻尾が研ぎ状態になると戦い方が変わってくるということくらいになります。